第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第一章 〜生成〜 第2話

 

 

 

− 闇の中、私の意識は覚醒する。

 

目を開くと、薄明かりの中、円筒形と思わしき空間にいた。

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第一章 〜生成〜 第1話

 

 

 

灯りが無ければ手元も見えない暗闇。ここは洞窟を象った《ダンジョン》だ。
漆黒の空間を、ひんやりと湿った空気が満たしている。 ...