第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第14話

 

 

 

早朝の酒場では、既に何組かのパーティーが食事をしていた。
あれやこれやと話をしている者がほとんどだ。

...

闘技場の(元)絶対王者、, 小説, 無双

 

 

− バァアンッ!

蝶番が外れそうな音を立てながら扉が開いた。

気配は感じ取っていたので、だらしなく背もたれに寄りかかっていた姿勢を少し正して待ち受けている。

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第13話

 

 

 

石造りの洗い場からは屋外。

湯気に私の灯火が反射してキラキラと光の粒が舞っているようだ。

我が主は ...

闘技場の(元)絶対王者、, 小説, 無双

 

 

ランドが空の旅を堪能している頃、仮装闘技場の医務室で流麗闘士と名乗っていた剣士が目を覚ました。

試合途中にランドが時限式で施していた樹水の回復術により、剣士のぐずぐずにさ ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第12話

 

 

 

ランタンが薄く照らす廊下を、東に向かう。

部屋は北東、大浴場への階段が近い一室だ。
天井の高さがかなり ...

闘技場の(元)絶対王者、, 小説, 無双

 

 

頂点にあった太陽が後ろに傾きはじめた頃、見渡す限り木々しか入ってこなかったランドの視界に、四方を山に囲まれた盆地が飛び込んできた。

その左手側、ところどころ煙る北側山脈の ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第11話

 

 

 

謎の波動とでもいうべき何かを我が主に飛ばしているのは、ドゥだ。

女将と呼んでくれと宣った宿屋の主は、筋骨隆々の ...

闘技場の(元)絶対王者、, 小説, 無双

 

 

ランドは、破顔したマスターと力強い握手を交わし、受注の手付の意味合いを持つ酒を受け取った。

正直、彼は一生豪遊したとしても使い切れないほど金銭的・物質的余裕があるのだが、 ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第10話

 

 

穂鞘から漏れる淡い光で夕闇を払いながら、疾走してきた通りをゆっくりと戻っていく。

広場に入ると、宿に向かう前に中央の水場で全身の血と汗を ...

闘技場の(元)絶対王者、, 小説, 無双

 

 

気が付くと、ランドは地下通路ではなくオーファン郊外の内堀の畔を歩いていた。

周囲に少なからず人がいるが、誰一人として彼の登場を不審がってはいない。
彼自身もそこを ...