第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第8話

 

 

 

向かい風の中、なるべく音を立てないように疾走し、あっという間に話し声が聞こえるようになる。
二人組は、追跡者に気付か ...

闘技場の(元)絶対王者、, 小説, 無双

 

 

俺の名前は、『ギルランディア』。

続く家名だの字名だのが長すぎて面倒くさくなり、最近は一律して《ランド》で通している。
所持する《タグ》上の表示名もランドなので、 ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第7話

 

 

 

移動した先、錬武場は20m四方程度。

中央近辺に巻き藁が幾つか並べられており、奥には弓矢用の的が用意されている。 ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 小説,冒険譚

第二章 〜門の街、トーア〜第6話

 

 

 

北側表大通りに再びやってきた。
道具屋区画から通りを挟んで反対側に、次の目的地であり、本日最後の買い物の場である武器 ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第5話

 

 

 

「すまんな、気を悪くするな。若者にちょーっとイヂワルしたくなっただけなんじゃ」

「この街に限らんが、ネストから来 ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第4話

 

 

 

広場のすぐ先、街の中心部の北側表大通りの入口、道具屋ばかりが軒を連ねる区画を足早に進んでいく。
先ほどと同様、いや先 ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第3話

 

 

 

荷物の大きさが大きさなので、一度、整理のために広場に戻った。
市場の中は人が多すぎて、とてもじゃないが荷物整理の場所 ...