第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第2話

 

 

 

広場の中は冒険者だけでなく、観光で訪れた家族連れや、それを目当てにした屋台が立ち並ぶ。
中心には涼を取るための水場が ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第二章 〜門の街、トーア〜第1話

 

 

 

南方特有の、温暖で済ませるには些か暑さを感じる気候と、まだ発展途上の街を大きくしていこうと張り切る人々の熱さが交錯する。

ある錬金術師の手記(仮), 小説

第一章 第3話

 

 

額の冷たさとガタガタという振動に起こされ目を開けると、見慣れない天井が見える。

視界がぐわんぐわんと回っていて気持ちが悪い。
思わずすぐに目を閉じ、 ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第一章 〜生成〜 第4話

 

 

 

カウンターに並べられた武器は7つ。

剣、槍、鎚、鞭、短剣、鉄扇、手甲鉤と、近接武器と言えばコレ!と言えるラインナップだ。 ...

ある錬金術師の手記(仮), 小説

第一章 第2話

 

 

私・・・いや、当時の一人称に倣って僕にしよう・・・。

僕は、250歳。《帝都、アヴァロン》にある魔術師ギルド本部の錬金術部の長だ。

今回の休暇は ...

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第一章 〜生成〜 第3話

 

 

 

「それでは、難しい話はここまでです!」

幾つかの事項の確認と書類作成、荷物の引き渡しを我が主にしていたレイが、一段落した ...

ある錬金術師の手記(仮), 小説

第一章 第1話

 

 

 

~ある錬金術師の手記~

 

本書は、老境に差し掛かった私の、半生を記した謂わば自伝のようなものだ。

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第一章 〜生成〜 第2話

 

 

 

− 闇の中、私の意識は覚醒する。

 

目を開くと、薄明かりの中、円筒形と思わしき空間にいた。

第13の男〜幸運0の多幸戦士〜(仮), 冒険譚, 小説

第一章 〜生成〜 第1話

 

 

 

灯りが無ければ手元も見えない暗闇。ここは洞窟を象った《ダンジョン》だ。
漆黒の空間を、ひんやりと湿った空気が満たしている。 ...